2007.08.11 Saturday

世話。

「小さな親切、大きな…」

です。
今日のお話、まさにそのお話です。

ごんちゃん(kiriko父)の、非常に迷惑な申し訳ない話です。

ごんちゃんと一緒にお仕事をしている男の子が、今日、北海道に里帰りすることになってたらしく。
伊丹空港から飛行機に乗るというその男の子を、ごんちゃんは。
「よし、我が家は空港の近所だから、家の近所の駅まで電車に乗ってきてくれたら、車で空港まで送ってあげよう」
…と、ありがた迷惑なことを言って、結局送ってあげる役を買って出たらしいです。
なにせ、人様のお世話は、とっても良くしてあげる、外面の良いごんちゃんなんですが…。
それが、不幸の始まりでした。

午前8時。
我が家のJRの最寄り駅まで、その男の子を迎えにいった、ごんちゃんは。
車を一時停止させておいて、ホームまで彼を迎えに行き。
その子と一緒に車まで戻ってきて。
「よっしゃ、じゃ、空港まで送るわな」
と、エンジンかけようとしたら…。

…我が家の車。
うんともすんとも、言わなかったらしい…。
あせる、ごんちゃん。
顔面蒼白だっただろう、その男の子。

結局。その子は。
8時30分伊丹発札幌行きの飛行機に乗れなかったんですよ(T_T)。

ちなみに、我が家の車の故障が判明した後。
即、タクシーを呼んだんだそうですが。
なんせ、我が家の最寄り駅。
人っ子ひとり居ないような、閑散とした駅でして。
各駅停車しか止まらない、超ド田舎な駅なので…。
当然のごとく、タクシー来るまで相当時間がかかったらしい。
(隣の駅ならタクシー常駐してるから、絶対間に合っただろうのに…)

よりによって我が家の車さんも。
なんで人様にご迷惑をおかけするタイミングで。
バッテリー上がるかなぁ…。
(ちなみに、バッテリー上がりが故障の原因だったとのことです。)

せめて、その子を送っていった後で、バッテリー上がったらよかったのに…。
とか。
ワタシメも一緒に駅まで行って、エンジンかけたまま駅で待っていられたら、バッテリー上がらなかったかも…。
……と、色々後悔先に立たずな事を考えつつ。

一日中、その男の子のことが、心配で心配で…、ってな、我が家でした。
責任重大ですよ、本当に。

お昼に電話つながった時は。
「今、神戸空港です」
って、おっしゃられてて。
え!?伊丹から神戸に行ったのっ?!!
お盆だもんねぇ…飛行機、いっぱいよね…と思いながら。
本当に、我が父のしたことながら、申し訳ない!!と、神戸の方向を向いて、頭下げたくなりました。

っていうのに、その男の子は。
「それより、桐さんの車は大丈夫だったんですか?」
と、我が家の車のことを、そんな状況下においても、気遣ってくださってたらしいです。
なんていい子とお仕事してるの、うちのごんちゃん…。
と、感動してしまいました。

その後。午後5時に。
ごんちゃんの携帯が鳴りました。
「今無事に北海道に着きましたー!!」
って連絡が入ったんです。その子から。

家族一同、本当にほっとしました。

お盆休みが終わったら、絶対その子にちゃんと何かしないと!!
…と思っているワタシメです。
てか、悪いのはごんちゃんなんだけれど、なんかすごい申し訳ない気がしました…。

ちいさな親切、おおきな…です。
この場を借りて、ワタシメからもお詫びします。

「なんとか君、本当に申し訳ないです。m(_ _)m。」

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Recent Comment

Archives

QR Code