2006.02.11 Saturday

まぼろしのショパン風…。

deco師匠から晩ご飯一緒にどう?と誘いがあり、師匠宅ヘ。
連絡もらった後、ワタシメ閃いたのです。
チェロの宿題、さぁーっぱり弾けないので、師匠にちょっとみてもらおう!…と。
(注;一応もなにも、師匠の本業はピアノの先生。)
…てな訳でチェロこさんを背負って師匠宅ヘ。
師匠は「私はチェロの事わからないけど」と言いながらも。
「き〜りぃちゃんっっ!そこテンポが急に落ちるっ!ピアノでも、みんな弾けない所に来たら勝手にテンポ落とすけど、それと同じ事してるっ!その16分音符のとこ、ちゃんと弾けるのっ?」
…弾けないです(T_T)。
「じゃぁ、そこを練習っ」
はいっ!
…と、超リズム音痴なワタシメが、とにかく終始メチャメチャなテンポで弾いていたのを、見事に正確なテンポはこうだからと、修正して下さったのです。
さすが師匠…。

って、そもそも譜面を正確なリズムで、テンポ守って弾く事が簡単にできないワタシメが論外な気も…。
それはおそらく「できて当然な事」なので、多分。(;^_^A。

そんな訳で、物はついで。岸和田のアンサンブル教室で弾いている曲が、これまたリズムわからないのです〜。と師匠に聞くことに。

実は。
「Happy Birthday」を、チェロのせんせいが何と!今度はバッハ風にアレンジしちゃったのです!!!
もともと3拍子の曲が4拍子になったら、こんがらがって弾けないのです(T_T)。

「バッハ風のHappy Birthday?…きりちゃん、これをHappy Birthdayと思って弾くから、わからなくなるの!これはHappy Birthdayの伴奏ではなく、まったく別の、この譜面通りのただの4拍子の曲と思ってとりあえず、まず弾く!」

…なんということでしょう。
弾けるようになったじゃありませんか。

さすが師匠。更に。
「そのうちモーツァルト風とか、ベートーヴェン風とかのHappy Birthdayをせんせい作る気がする…」とワタシメが言うと。
つかさず師匠。
「モーツァルト風なら〜♪(ピアノの音)ま、こんな感じ、ベートーヴェンならこんな感じちゃう?」さらさらり〜♪と弾いてくれて。

「じゃ、ショパン風!」と調子にのるワタシメ。

このショパンが実は、すごかったのです。

おおー、本当にショパンだよぉぉ!でもHappy Birthdayだ!って。
感動物でした。
変ロ長調(変ホ長調??)だったかな?子犬のワルツの調で、さらさら〜♪っと。
ピアノに向かったかと思うと即興で、あっと言う間に弾いちゃったのです。
「じゃ、今の、譜面にしましょう!書いてくださいよ!」と言ったら、師匠、一言。

「(どんな風に弾いたか)わかンないし、忘れちゃった♪」

…最後の最後が師匠らしくて、なんとも言えずおかしかったですが。(笑)。

ショパン風Happy Birthdayは、ピアノで弾くから綺麗なのかな〜と帰りに思いつつ。
アレンジも華麗な、師匠のワザに眼からウロコな一日でした。
(チェロのせんせいに、ちょっぴり、聞かせてあげたかった気がするなぁ…。)

This Entries Trackback Url

  • http://yukikiri.blog.bai.ne.jp/trackback/38937

Trackback

 
<< ご苦労さまでした、の河豚。 | top | パソコン、故障(T_T)/~ >>

Page Top

Calender

<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Profile

Recent Entries

Category

Recent Comment

Archives

QR Code

Other