2006.04.11 Tuesday

夢でもし、逢えたら。

素敵なことね〜♪

だったら、良いですよね?
今日の夢。
関空にチェロ持って行っておりました、ワタシメ。

そこで、ご飯食べているんです。
向かいには、なぜかせんせい(チェロの)が座っていて。
その時ワタシメは、少しさびしい心境にあって。
せんせいに、とにかく感謝の意を述べているんです。
淡々と、です、淡々と。
(☆注:話は少しそれますが、ワタシメが、特にせんせいとお話する時に、ゆっくり落ち着いて話すなんて、絶対にありえないです。
せんせいも先を急がれているのは重々承知していますし、でも、個人レッスンは2週間に1度しかないので、話したいことはたくさんあり…。
てな訳で、立て板に水?のようにワタシメ一方的に話してます。)

で、夢のおはなしのつづき。
ワタシメの淡々とした感謝を、一通り聞き終えたせんせい。
いつもの笑顔で、たったひとこと。

「じゃ、ドイツへ行っても、もっとチェロ、勉強してきて、な?」


そこで、はっと目がさめました。

朝6時43分頃。
ワタシメの通常の起床時間より、1時間も早く、目覚めました。
とっさに「これは、チェロの練習してから仕事へ行けよってことよね?」
…と思いましたが、次の瞬間。
「まだ1時間眠れる…」と。
次、気が付いたらいつもの7時40分でした。

大雨の中、譜面をもって出勤するも。
結局昼休みに譜読みすることも無く。
今日のレッスン。(今日はせんせいがワタシメの自宅に来てくださる、チェロの個人レッスンの日です。)

…いうまでもなく、今日のお天気(帰りにかさの骨が強風で折れて、頭の先から足の先までずぶぬれになりました)のように、ひどいできでした。

練習できなかったもんなぁ。
そういう日は怒涛のおしゃべりタイムを展開して、なんとか、練習不足を補おう?とするワタシメ。

「ドイツへチェロを勉強しにいく」なんて夢をみて…の、一連のことをせんせいに話したら。
…せんせい、めっちゃ笑っていらっしゃいました。(笑)。


絶対、あの夢は、あの時間に起きてチェロの練習してから仕事へ行きなさいよ、って事だったんだろうなぁ…。

せんせい、今日もほんとうに、ごめんなさい。
試験が終わったら、絶対、チェロもっと弾きますから…
(って言うのは今だけなんだろうなぁ。)

「夢でもし、逢えたら。」
それは。
「素敵なこと〜♪」で、あって欲しい、ですよ、ね。

夢で出逢ったせんせいも。
いつものとおり、ワタシメのやる気(眠気??)を起こす、ひとことをおっしゃられていました。

いつもどおり、素敵な笑顔でした…。

追記。しかし、なんでチェロ習いに行くのが「ドイツ」なんだろう?
…夢とは本当に、摩訶不思議ですね。

 

Comment

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://yukikiri.blog.bai.ne.jp/trackback/46341

Trackback

 

Page Top

Calender

<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Recent Comment

Archives

QR Code