2006.04.16 Sunday

さくらいろ、舞う頃に…

…何か最近、歌のタイトルみたいになってますね、タイトル。
まぁ、良しとしてください。

さて、本日。一日家にこもってお勉強のはずが。
お昼間に少々お天気よかったので、駅前のスーパーへ買物に出かけました。

桜、まだ、結構咲いていて。
緑色の葉は、どの木も少ししか見られないくらい、でした。
花も咲く季節を間違えたかしら?って思うんだろうなぁ…って位。
寒かったですもんねぇ。
その少し冷たい風に吹かれて。
はなびらが、一片。
久々の日差しの中、舞っていました。

…そして、今日は思い出のお話にしようと決めました。


中学生のころのお話。
下校途中に、友人、いわく。

「桜の花びらが散る時に、空中でその花びらをつかまえることができたら、願いがかなうんだって!」

土曜日の昼下がり。
セーラー服を着た三人が、大きな桜の木の下で。
1時間くらい、夢中で宙を舞うはなびらを追いかけて。
結局、確かその時は、つかまえられなかったと、記憶しています。

あれから、この季節にいつもその話を思い出します。

あの時、私は、何を願っていたのだろう?


…そして、今の私は、何を願うだろう?


夢みたいに切なく花舞うまちで。
きらきらした遠い思い出と。
なんとなく、自分を見ていた、日曜日でした。

桜の花、一片に。
あなたは、何を、願いますか?

 

Comment

kirikoさん、詩人ですね〜。

桜の花びらではなく、何かの鳥の小さな羽根が手の平に滑り込んだことがあります。

びっくりしたけれど、何も考えずに捨ててしまいました。

鳥の羽根でも、何か願い事をしておけば叶ったのかなー^^;。

あんな偶然二度となさそうですし。

残念!(…?)
丸藻 | 2006/04/17 12:16 AM
丸藻さま

こんばんは、いらっしゃいまし〜♪

う〜む、誉められることに慣れてないので、正直、素直に照れとります、笑。

妙なこと??言い出しているのは、きっと現実逃避の最たることの現れです。
(そんなに試験受けるの嫌なら、はじめからやめておいたらよかったのに…と最近思いつつ。)

鳥の羽ですか、そりゃまた、すごい。
大事にとっておいたら、何か願いがかなったかも!?
すごくまれな、絵に描けるような、偶然で素敵なお話ですねぇ。

鳥の羽に再チャレンジは難しそうですので。
もし、お願い事があれば、桜のはなびらの空中キャッチ、チャレンジしてはいかがでしょうか?笑。
kiriko | 2006/04/18 12:06 AM

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://yukikiri.blog.bai.ne.jp/trackback/47071

Trackback

 

Page Top

Calender

<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Recent Comment

Archives

QR Code