2006.04.21 Friday

ちいちゃな150人の、オーケストラ。

新聞をこの期に及んでも、テレビ欄しか見ない、受験生kiriko。
(試験は5月9日です。時事問題が頻出するそうです。)

こどもオーケストラを指導し続けた先生のドキュメント番組が、紹介欄に取り上げられていて。
これは見ないといけないなぁ…、と22時。
ばっちり、テレビの前に座りました。
(何度も言いますが5月9日、試験です、ワタシメ)

ワタシメも、子供の時にジュニアオーケストラに入っていればなぁ…。
と後悔の念を再燃させつつ(笑)。
半年間かけて仕上げたベートーヴェンの第九。
番組の最後に放送されていた、その音は。
言うまでも無く、ちゃんと第九になっていました。

ワタシメ、どこまでもなんちゃってチェロ弾きなので。
プロの超一流のオーケストラと、こどもオーケストラの音が。
どう違って聞こえるのか。
どこが子供の音で、どこがプロの魅力で。
そのハーモニーが何色で、どの奏者がどんな役目でなんて。
専門的なこと、まーっったくわからないです。

10歳〜20歳までの団員で構成される、総勢150人のオーケストラ。
ヴァイオリンの女の子が演奏している姿は、ヴィオラを弾いてるの?
と、思った位、楽器に対して、ちっちゃな手で、ちいさな体で。
でも、指揮者先生を追うその瞳に、はっとさせられました。
よく見ると、みんなが、みんな、同じ表情をしているんです。

ひたむきさが伝えることは、プロとかアマとか、うまいとか下手とかに限らず。
音楽に真剣に向き合うこと、伝えようとする気持ち、ひとつになる心。
それはテクニック以上に、聴く人を感動させる、最大の力になるのかなぁ…って。


チェロを、また、弾きたくなりました。
私も、逃げてはいけないと、思わされた夜です。

 

Comment

Post a Comment










This Entries Trackback Url

  • http://yukikiri.blog.bai.ne.jp/trackback/47754

Trackback

 

Page Top

Calender

<< June 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

Recent Comment

Archives

QR Code