2007.12.13 Thursday

嫌だと「だだ」を、こねてみたけど…

100%、いやいや、時の人の某弁護士サン風に言ったら「2万%」。
「却下」されました。

本日チェロの個人レッスンでして。
相も変わらずフォーレさんという人作曲の。
「夢のあとに」
という、タイトルだけ聞いてたらきれいな曲なのに。
弾くととんでもなく陰気臭い気分になる曲。
…まぁ最も「弾きたい」と言ったのは、紛れもなくワタシメなんですけど。
あ、話それますが、だって、そもそも、ですね。
せんせいが「チェロを弾いていたからには、いつかはぜひとも弾いて欲しい曲」として、この曲を挙げられてまして。
つまり、結局いつかは弾くことになる曲なんですよ、これ、それなら。
今年のうちに弾いておきましょう!って思ったんです、もん…。
…話はそれました。
とにかく、そんな訳で1ヶ月ほど前から、眉間にしわ寄せながら弾いてます。

でもでも。本日も、「あともうちょっと、な?」
の、お決まりのせんせいの台詞を持って、あっさりまたまた、仕上がらなくて、三度かな?宿題に課せられた訳なんですが。
うーん、文句はないですけどね。
でも、弾きたいと言ったのはワタシメですが。
はっきり言って、苦手な部類の曲です、だって。

「だから、この曲陰気臭いですもん。」

…と言うわけで
また宿題ですか(T_T)って、いい加減嫌気さしてきたワタシメ。
嫌いもん、この曲嫌もん。
と、ぶつぶつ、言ってたら。
せんせい、それを聞いてまたも普通に、さらりと、爆弾発言。


「でも『夢のあとに』は、アンサンブルで、弾くよ」


………………………………。
は?

一瞬言葉の意味が理解不能、でして。
アンサンブル=岸和田のみんなで、弾くってこと、です、よ、ね??
ワタシメが、いる、アンサンブル教室で、弾くってことですよね??
岸和田のみんなで、弾く、ワタシメたちが…岸和田で、ひく、だぁ?!

「いやです、絶対反対っっっ!!!ですっ!!!!」

理解した瞬間、とにかく猛反対!!を、したんです。
ワタシメ「だって、せんせい、この陰気臭い曲をアンサンブルって、それはありえないです、嫌ですっ!」
せんせい「え?そう、でもなぁ…」
ワタシメ「でもなぁも、なんも無いですよぉっ!そもそも個人レッスンで弾いた曲を、アンサンブルで弾くのは、音も弓使いも違って、頭パニックにもなるし、だから嫌ですっってば、絶対反対っ!!!」

…って、一生懸命、訴えたのに。
いつものように、せんせい、さらりとひとこと。

「だって、もう、楽譜用意してあるもん。」

用意してあるもん。じゃないっっですっっ!!ってば、です!!
陰気臭い曲は嫌いですから!!
それは、きっとみんなも同じ思いのはず、です。
そもそも、あんなにみんないつも穏やかですが、明るいメンバーですよ?
まぁ、底抜けに明るいのはワタシメだけかもですけど。
でもでも、とにかく、どぉ考えても。
あの曲をワタシメ達で弾くのは、不似合いですってば!!
ですよね?ね?
(と、何気にみんなに同意を求めるワタシメ…。)

…と、いくらここで猛反対して。
せんせいに、必死で訴えたところで。
チェロ弾きって、往々にして「頑固者」なんだそうで…。
(ま、ワタシメも相当頑固ですので…。そこはワタシメもちゃんとチェロ弾きです、協調性には欠けますけど、笑。)
せんせいが「じゃぁ、やめます…」なんておっしゃる訳は絶対になく。
むしろ。
「あの6人で、こういう、趣の違う曲も弾けるようにならんと、なー」
とか。
「練習よ、練習。」
とか。
そんな、こんなで、絶対、間違えなく練習するんです…。
(せんせいのおっしゃられる台詞が、最近妙に想像できるようになってきたワタシメです…。)


というわけで。
岸和田のアンサンブル教室で、年明けたら。
フォーレの「夢のあとに」
を、ワタシメたちが、アンサンブルするそうです。

確かにねぇ、ばいおりんずの3人のハーモニーとか。
kimunonさんの低音の響きとか、絶対きれいとは、思うんだけど…。
航くんの元気なチェロと、ワタシメの眉間にしわ寄せた音痴な音が、そこにうまく溶け合うんだろうか…と、今から心配です。
………が。
心配な曲ほど、出来上がりが全く想像できないので…。
きっと、仕上げていく楽しさは倍増なんだろうなぁ…。

夢のあとに。
そこにあるのは。
一人で弾いても、終わらない「現実」です。

多分、一人で弾くのとはまるで違って。
現実逃避なんてしたくなくなるような、そんな素敵なハーモニーがそこにある、そんな気がしては、います。

うーん、練習あるのみって、結局結論はそこなんだろうなぁ……。

 

Comment

♪夢のあとに♪
私が大好きだったドラマ 「北の国から」で流れてた曲だわ
「北の国から」はクラッシックの曲が多くて・・・・・
この曲聞くと、雪景色が思い浮かぶ。

キリコちゃん、私この曲好き〜!

その上スローテンポなところが、いいな(ウフッ)

              naoko
nao | 2007/12/13 11:58 PM
naoさんさま

こんばんは、早速コメントありがとうございます♪

なおさん……好きなんですか、この曲(T_T)
ワタシメ冗談抜きで、眉間にしわよせて弾いてます…。

♪そぉーどぉーれぇーみぃーれ、どれみれどっっしどぉぉぉぉ…。♪

…って頭の中で、ヴァイオリンの高音の曲がなり始めるのを払拭して。
(どうも、夢のあとにを弾こうとすると、このなんだっけ?の曲が頭に流れるワタシメなのです。)

♪そぉーどぉーれぇー みぃーれど みれど どぉぉぉぉし…(−^−)♪

って。
こんな感じ(あくまで平仮名表記しか出来ない音で弾いてる、という…)です。
しかもチェロ譜なのに、ト音記号でかかれてるんですよ、曲の大半が。
高いですやん、音…。
って訳もありまして、苦手なんですよ(^_^;。

そうか…。
深深と降り続ける、雪の世界の、ブルーグレーの夕暮れのイメージ。
お陽さまのあたらない、音のない、冷たく閉ざされてる感じ。
そんな気持ちで弾いたらいいのかぁ…。
(雪の富良野に一度旅したことがあります、その時、北の国からの撮影現場も行きました。)
そうかぁ、そう思ったら。
なんとなく、フォーレの描いた世界に近づける気がしてきました。
うんうん、冬の北国の、閉ざされた冷たい世界のイメージですね。
納得です。

ちなみに。
ワタシメ今弾いてる、チェロのソロ譜は♭が3つ!!(何調になるんでしたっけ?変ホ短調?ですかね?)の、譜面なんですけど。
(うーん、♭も4つまで付いたら、あきらめがつくんですけど、3つ!!って中途半端で一番苦手かも、です。チェロってラ♭が取り難いです…。)
岸和田のみんなで弾く時は、ですね。
「調子も、ボーイングも変えてるから。」
と、せんせい談、です。

しかも。
最初の旋律はチェロが…とのことでして。
途中からヴァイオリンが旋律を…って形に、アレンジにされたようです。
(レッスンで今弾いてる譜面も、最初の旋律はハ音記号の音域で、途中からオクターヴ上がってト音記号になります。)

まぁ、一人で弾くのとは違って。
そもそもみんなで弾くことそのものが楽しいから。

この曲も、みんなで弾いたら。
仕上がる頃には。
憂いを帯びた切ない曲になるはず!!ですよね。

確かに小フーガみたいな超速短調の、指回らない(*○*)な曲より、ゆっくりな曲って、弾きやすいかも♪ですし。
(って今度はビブラートがかかんない(T_T)となるんですけどね…。)

せんせいに。
「チェロが旋律を弾く所って、それって、当然航くんが弾くから、よくよく考えたら、ワタシメは終始伴奏で刻んでるから、別に、ま、どぉってことない、ってなるんですよね?」
って言ったら。
「そぉでも、ないんよ、なー、旋律は、航くんが弾くとは、限らないんよー」
…って「げに恐ろしげなり」な台詞をおっしゃってたのは、気のせいにしておいて。

「夢のあとに」が岸和田で出てくるのも、楽しみに待ってようと、思います。

(その前に、個人レッスンで弾いてる「夢のあとに」を、いい加減年内に絶対終わらせなければ…それが今年のワタシメの目標!!ですので。)

個人レッスンで弾く時にせよ、アンサンブルで弾くにせよ。
なおさんのおかげで、なんとなく「夢のあとに」のイメージがわかった気がします。
フォーレさんとうまく付き合っていけそうです♪

頑張ります。

あらら、コメントなのにまた長くなってしまいました。

ではでは〜
ありがとうございました♪

とりあえず、16日にまたお会いしましょう!

以下、おまけです〜。
せんせいに「Happy Birthday」を今度は絶対弾きましょうっ!!って、本日お願いしました☆
航くんお母さんにも(実は、先日すごくタイミングよくお母さんからお電話頂きました)。
「16日は年内最後なんで、絶対お母さんにお会いしたいんで、いらしてくださいね、待ってます!!」って、お伝えしておきました(^○^)。
準備万端!!です。

日曜日のレッスン、すごい楽しみです〜♪
kiriko | 2007/12/14 12:52 AM

Post a Comment










Page Top

Calender

<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Recent Comment

Archives

QR Code