2008.09.21 Sunday

楽しい夢から覚める時。

…の、気持ちで弾きましょう。
とのことでした。

はい、例によって。
岸和田のおけいこの帰りです。
とうとう。
本日から。
フォーレの「夢のあと」にの、練習が始まりました。
ワタシメが、陰気臭いっ!と、ひたすら目の敵?にしている曲です。

ワタシメ、ソロで個人レッスンの時に弾いたことがあって。
この夢って、いったいどんな夢だったの?って、その時から疑問に思い続けてきたけど。

今日のせんせいの一言。
「楽しい夢から覚めた気持ちで弾いてください。」
…とのこと。
みんなで元気よく、調子に乗って刻んでいたら。
「怖い夢から覚めたわけではないんよ。」
…って。
言われてみると。
うん、確かにそうだなぁって、思うなぁ。
楽しい夢だったり。
素敵な夢だったり。
そんな夢から覚めたから。
少し切ないメロディになるんだろうなぁ…。
怖い夢だったら。
もっと、こう、なんていうか。
動悸がおさまらなくて、どきどき、ひやひや…って気持ちで。
もっとおどろおどろしい、音楽になっていただろうなぁ…。
うんうん。
楽しい夢から覚めて、切ない気持ち、納得です。

と、ひとり、納得はしましたが。
…今回は、この曲、アンサンブルで弾きます。
みんなで、いっこの音楽、創っていくんです、よね。
でも、みんなであわせるって、やっぱり大変!
うちの場合、特にそうなのかも、ですが。
一人ひとり、弾き方も、考え方も、まるで違うし。
みんな「音楽が好き!」って所は同じだけど。
同じ空気を共有できるみんなだけど。
上に乗っかってる性格は、せんせいも含めて7人、みんな、てんでばらばら。
そもそも、楽器だって。
ヴァイオリンと、チェロの、2種類ある訳で…。
そんなこんなで。
同じ曲を同じ音で同じイメージで弾くなんて、いきなりは、無理です。
それを一つの音楽としてまとめあげるのが、アンサンブルの楽しさであり、醍醐味、なんだけど…。

さて。
楽しい夢から覚めた、少し切ない目覚めの曲は。
いったい、どんなふうに仕上がるんだか。

出来上がりは楽しみだけど。
その前に。
練習しないとねぇ(^^ゞ。
(誰やしょっぱなから足引っ張ったんは?!…はい、紛れもなく、まともに譜読みしていかなかったこのワタシメでゴザイマス、みんな、ごめんなさいっ!!…です。)


そんでもって、本日のおまけ。
今日から「天空の城ラピュタ」の『君をのせて』の、おけいこも始まったんですが。

この曲の、おまけの話。
今から、もう5年くらい前、かなぁ。
うん、5年前だわ。
deco師匠のピアノ教室の発表会が、30回目を迎えた時のことでした。
その時、ピアノ連弾でジブリの曲ばかりを演奏します、って部を設けます、ってことになってて。
そこでワタシメも、ピアノの連弾ではなくて、チェロで、ジブリの曲を弾くことになって。
「チェロソロで、ジブリの曲って、何を弾くのがいいかなぁ?」
って、せんせいに相談したことが、あったんです。
その時、真っ先にせんせいが。
「チェロで弾くなら、一番きれいなんは『君をのせて』ちゃう?」
って、おっしゃられてたのを、思い出しました。

そんなこんなで。
この曲、せんせいのアレンジが、本当にかなり素敵で。
今日ですね。
ヴァイオリンなおさんが、この曲をMIDIにしてくれたので。
そのMIDI(楽譜をパソコンに打ち込んで自動演奏させたもの、という感じでしょうか…。)を事前に聴いてからレッスンに行ったのですが。
(なおさん、いつもありがとうゴザイマスm(_ _)m。)
言うたらつまりですね。
この曲の、完成形を。
完璧な音程とリズムで演奏しました、ってのを、聴いてた訳なんです。
MIDIの音源で聴いたら、すごいっ!ってかなり感動したのに。
自分が弾くと、言うまでもなく。
…ちっとも、すごくない!!のが悲しかったかも…。

「譜読みして来てないなー」
って。指揮棒振りながら、せんせい、おっしゃってましたが。

……はい。
出かける前、1時間で。
「これはマズイ。」
…と、超特急で楽器を出したものの。
すごく素敵なアレンジ=超ムズカシイ。
たった1時間で弾きこなせるわけもなく…。
簡単に歯が立つ曲にあらず、でした。

…練習、しよう。
(…明日から、笑)

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< November 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

Recent Comment

Archives

QR Code